Event is FINISHED

第3回富田林市市民公益活動支援センターシンポジウム

Description
好きな場所で働けるとしたら、どこで暮らしますか?

テクノロジーの進化やグローバル化の進展によって、時間や場所にとらわれない働き方ができる時代になりつつあります。例えば東京のお仕事を富田林ですることもできるでしょう。逆に言うと富田林のお仕事を、好きな場所でできるとも言えます。もし好きな場所で働けるとしたら、どこで暮らしますか?あるいは何があれば(なければ)人は富田林で暮らすのでしょうか。

場所にとらわれない働き方をしている方、これから社会人になる学生、地元で活躍する企業経営者やカフェオーナー、街づくりに関わる方を交えて、地域の魅力を発掘します。

いつもの富田林が違ってみえる2時間。

<プログラム>
・開会挨拶
・第1部 基調講演 場所にとらわれない新しい働き方とまちづくり  
   株式会社オムスビ 代表取締役社長 羽渕 彰博

・第2部 パネルディスカッション「富田林で働く人が増えるための市民の役割
 コーディネーター:
  近畿大学 准教授 田中晃代(専門分野:都市計画・まちづくり

 パネリスト:
 株式会社冨士屋製菓本舗 代表取締役 北野登己郎(地元で事業を継承しているひと)
 株式会社オムスビ 代表取締役社長 羽渕 彰博(どこでも働けるひと)
 富田林市観光協会 岩城理恵子(街の魅力を伝えるひと)
 OrangeCountyCafeオーナー 山田邦世(街の魅力をつくるひと)
 大阪大谷大学 三好和希(これから社会人になるひと)

<ご参加いただきたい方>
・新しい働き方がしたい学生・社会人の方
・地元や好きな地域で働きたい学生・社会人の方
・地元企業での採用している企業様
・街づくりに興味がある方

<登壇者プロフィール>

羽渕彰博氏(株式会社オムスビ 代表取締役社長)

富田林生まれ、富田林育ち(富田林高校卒業)。大学卒業は東京に拠点を置き、東証一部上場の総合人材サービス会社に入社し、ファシリテーターとして朝日放送、毎日放送、パナソニック、シャープ、大阪市などのアイデア創出や人材育成に携わる。2016年4月に独立し、場所にとらわれない働き方をしている。


田中晃代氏(
近畿大学 准教授 総合社会学部 環境・まちづくり系専攻) 
従来、都市計画分野では、官が中心のまちづくりでしたが、今後は、官のみならず、市民・事業者・NPONGO・ボランティアなどの多様な主体がまちをつくっていくその仕組みや仕掛けを専門とする。

北野登己郎氏(株式会社冨士屋製菓本舗 代表取締役
大阪富田林で3代続く豆菓子専門店「冨士屋製菓本舗」を経営。今では数少なくなった豆菓子屋を残そうと「楽豆屋」のブランドで日々、奮闘している。

岩城理恵子氏 (富田林市観光協会)

とんだばやしナビ』にて富田林市の観光情報を伝えている歴史的町並みが残る寺内町などの観光スポットや地元の特産品、イベント情報も盛りだくさんです。

山田邦世氏 (OrangeCountyCafeオーナー)

色んな世代が 色んな楽しみ方で Happy&Natural な時間を共有できるオレンジカウンティカフェ(ORANGE COUNTY CAFE:O.C.CAFE)を運営。食事だけでなく、音楽・ダンス・生け花といった "楽しみ" を、訪れてくれるお客様(ゲスト)と共に、共有しあえるカフェ。

三好和希氏 (大阪大谷大学)

大阪大谷大学 教育学部 学校教育/ 大学祭実行委員 SA局.

<参加費>
無料

<主催>
富田林市市民公益活動支援センターシンポジウム事務局
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-09-23 23:46:32
Sat Oct 15, 2016
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
富田林市消防本部4階講堂
Tickets
チケット
Venue Address
富田林市甲田1丁目7-1 Japan
Organizer
Omsubi.inc
62 Followers